誹謗中傷を削除した後も検索結果に残るとき

誹謗中傷、風評被害、個人情報侵害などの悪質なサイトが削除されたのに、 Google(グーグル)やYahoo(ヤフー)の検索結果に残ることがあります。 こういう場合は、Googleのキャッシュの削除を行う必要があります。

Googleのキャッシュ削除のやり方

誹謗中傷や個人情報暴露のページが無事にネットから削除されたら、 Googleなどの検索エンジンのキャッシュからも削除しなければなりません。 そうしないと、検索結果に内容が残ったままになってしまいます。

キャッシュとは

キャッシュ(Cache)とは、検索エンジンのデータベースに保存されている情報のことです。 つまり、データベース内の情報を新しい内容に「更新」してあげる必要がある、ということです。

Search Consoleの「古いコンテンツの削除」

キャッシュ削除の申請をするときは、 Googleの公式サイト内にある「Search Console(サーチ・コンソール)」の「古いコンテンツの削除」というページに行き、 Googleに対して「削除リクエスト」を行います。 この手続きをするには、Googleのアカウントを持っている必要があります。 アカウントがなければ新たに取得して手続きに入ります。 なお、ご自分のスマホが「アンドロイド」であれば、大抵の人は既にGoogleのアカウントを持っているはずです。
キャッシュ削除手続きのページ(Google Search Console)のURLはこちらです↓
Search Consoleの「古いコンテンツの削除」のページ→

入力項目と手順

Search Console(サーチ・コンソール)では、以下の手順で必要な項目を入力します。

URLを入力

まず、削除済みのサイトのURLの入力します。そして、「削除をリクエスト」というボタンをクリックします。 すると、数秒間くらい「URLを分析しています」という表示が出ます。 それが終わると、以下の2つのパターンでの手続きへと進みます。

2種類ある「リクエスト手続き」
パターン1:ページごと消えている場合

サイトがページごと消えている場合、手続きはより簡単です。 所定の欄に、削除されたページのURLを入力するだけで終了します。

パターン2:ページ自体は残っている場合

ページ自体は残っているが、その中の文章は削除済みの場合は、以下のような表示が出てきます。

「削除しようとしているウェブページは、まだサイト所有者が削除していないようです」
「ウェブページは元のウェブサイトで更新または削除されていますか?」

このような表示が出たら、「はい」を選択し、「次へ」をクリックします。 すると以下のような2つの選択肢が表示されます。

選択肢 その1「スニペットとキャッシュが最新ではありません。Google のページコピーが古い場合、Google ではスニペットとキャッシュを削除できます。これはウェブページのみに限定されます。このサイトのウェブマスターには、この URL について、変更されたコンテンツの削除が送信されたという通知が Google から送信されます」
選択肢 その2「ページ全体または画像が削除されています」

通常は、上のほうにある「その1」の選択肢を選び、「次へ」をクリックします。すると、以下の文言が表示されます。

「現在のページに表示されなくなってもキャッシュ・バージョンには表示される単語を入力してください」

この日本語は、多くの人にとってたいへん分かりづらいでしょう。分かりやすく言い換えると、以下のような意味になります。
「サイトのページ上からは既に消えているのに、Googleの検索結果の"キャッシュ"のページに表示されてしまう言葉を入力して下さい」
要するに、例えばサイト管理人が氏名を削除してくれたのであれば、その氏名を入力せよ、ということです。
その後、「削除リクエスト」をクリックします。すると、以下の言葉が表示されて、手続きは終了となります。

削除リクエストをいただきました。リクエストのステータスはリクエストが処理されると更新されます。

ステータスが「削除済み」に

半日くらいたった後に、同じページを訪れ、「ステータス」の部分が「保留」から「削除済み」に切り替わっているのを確認します。 これは、Googleの検索結果のキャッシュから、削除要求をした言葉が消去されたことを意味します。

「拒否されました」と出た場合

ステータスが「拒否されました」になった場合は、 キャッシュ削除に失敗したことを意味します。 それには、次の理由が考えられます。

言葉がキャッシュに存在しなかった

削除リクエストをした言葉がそもそもGoogleのキャッシュに存在していなかった場合は、 「拒否されました」という結果になります。

ソースコードには残っていた

削除リクエストした言葉が、WEBページの表面上から消えていても、 ソースコードに残っていてコメントアウト(非表示)にしているだけの場合は、 「拒否されました」という結果になる場合があります。

「キャンセルしました」と出た場合

ステータスが「キャンセルしました」になっていた場合は、 いったん削除手続きが行われたものの、その後にサイト管理人に通知され、 その管理人が削除リクエストをキャンセルしたことが考えられます。 これは、事実上、キャッシュ削除の手続きをサイト管理人に妨害されてしまったことを意味します。

なお、「画像」のキャッシュ削除についてはこちらにも説明が書いてあります。

Googleキャッシュ削除の料金

当社でGoogleキャッシュ削除の技術的な代行をする場合の料金は、 1件あたり6800円(税込)です。

問い合わせ

↑ ページの一番上に戻る

キャッシュ削除に成功したのに検索結果に残ることも

Googleのキャッシュ削除に成功した後も、GoogleまたはYahooの検索結果に依然として表示されてしまうことがあります。 その理由としては、次のようなことが考えられます。

代わりに表示させるページがない

Googleの検索エンジンのロボットは、 ユーザーによる検索に対して、 何らかの関係するページを表示させようとします。 このため、 関連するページがネット上にあまり存在していないときは、 すでに言葉が消えていたとしても、 そのページを依然として表示させる場合があります。

珍しい名前

例えば、たいへん珍しい姓名の人の名前検索においては、 削除済みの誹謗中傷サイトが上位に出てくることがありますが、 これはその名前を含むサイトが世の中にほとんど存在していないためです。

逆SEOで対処

このようなケースでは、逆SEO対策を行い、順位を下げていく必要が出てきます。 逆SEOを続けているうちに検索順位が徐々に下がり、順調にいけば検索結果に表示されなくなります。

同じサイトの別のページに残っている

同じサイトや同じドメイン内に、言葉が残っていると、検索結果に残ってしまうことがあります。 また、他のサイトからたくさんのリンクが貼られているようなケースだと、キャッシュが消えても検索結果に残ることがあります。

入力するURLなどが間違っている

キャッシュ削除の申請の際に、入力するURLなどが間違っていたりすると、キャッシュ削除がうまくいきません。 掲示板やSNSの中には、 URL(アドレス)の構成が複雑になっている場合もあります。 また、自動的に別のURLに転送される設定になっているサイトも、 キャッシュ削除が難航することがあります。 URLを正確に把握する必要があります。

問い合わせ

↑ ページの一番上に戻る

株式会社WEB広報

<東京本社>
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15 4F
03-6869-9388

   <ネット中傷対策相談センター>
〒105-0011 東京都港区芝公園2-10-5 シグマ浜松町ビル4F
地図→

Copyright©株式会社WEB広報